Wind Of Noosa

気が付いたらヌコ6ニャン・・・ダメダメ執事の牛歩的BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

第二百四十三話     ぽけっと

小さなポケットには



銀色の懐中時計



チクタク ちくたく 時を刻むよ





屋根の鶏が鳴きだしても



僕の月は沈まない

 

だから



いつまでも黒猫と戯れていられる





ジリリリリリ!始業のベル



僕の太陽は沈んで行く



早く



黒猫と戯れなきゃ!





さあ!マチネへ行こう!!










胸ポケットに



一本の懐中電灯



何でも照らす事ができるよ 





細い光だから



足元を照らすだけで精一杯



そう・・・明日は照らせない




けど



この漆黒の中では



何よりも明るく白い





さあ闇の中の黒猫を探そう!





君は僕を見つけられるかな?



別窓 | 作文 | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<第二百四十四話     空からの訪問者 | Wind Of Noosa | 第二百四十二話    久々の INTERMISSION番外編 写真って難しー>>

この記事のコメント

>工藤様。
一本勝負て・・・そんな・・・w
命ノ鉛筆で少々気を良くしたので
図に乗ってたまには『さくぶん』を
載せてみようかと思いました。



>やらいちょう様。
懐中時計良いですよね!
自分は持っていませんが憧れます。
やはり素材は銀で手巻きが良いなぁ♪
ポータブル・・・確かに味気ないッ!
日本語は美しいです^^



>くまのすけ様。
アハハハ^^;
・・・っぽいですか?
ノルウェイの森も読んでないです。
IQ84も(汗)w
影男は出てくるかもしれませんねw



>fuwari funwari様。
何処に潜んでいるのでしょうね?
名探偵fuwariさん!
絶対に見つけてくださいね~♪
2009-08-16 Sun 09:04 | URL | かぜのお~ #-[ 内容変更]
かぜのお~さん、こんばんは^-^

耳を澄ましてチクタク時を刻む懐中時計の音と
目を凝らして僅かに光る懐中電灯の白い明かりを手がかりにきみを探そう。

きっとわたしが見つけるよ。。。
2009-08-15 Sat 23:53 | URL | fuwari funwari #-[ 内容変更]
懐中時計、懐中電灯、闇・・・・・・・
散文詩・・・・・・・
う~ん・・・・・・・
どことなく、『村上春樹』風だねぇ~^^ノ
羊男だとか、”ねずみ”とかでてきそうかも^^b
2009-08-15 Sat 11:08 | URL | くまのすけ #B4CmjBbw[ 内容変更]
かぜのお~さん、詩人ですね。
読む人によっていろんな解釈が出来そうな
とても素敵な詩です。
「懐中時計」「懐中電灯」
自分も両方持ってますよ~。
「懐中」ってなんだか素敵な響きですよね。
英語にしたら「ポータブル」って感じでしょうか?
これだと味気ないww
2009-08-14 Fri 22:50 | URL | やらいちょう #KTB1kEaE[ 内容変更]
今回は画像無しのポエム1本勝負っすか!!
今迄余り無い形態で斬新っす。
しかも意味深なポエムっす。
闇夜の烏ならぬ黒猫っすね・・・
暗中模索なイメージだけども・・・・
宮崎監督の「ネコの恩返し」に出てくるバロンを思い出しました。
2009-08-14 Fri 22:44 | URL | エ藤 #-[ 内容変更]
∧top | under∨
56

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| Wind Of Noosa |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。