Wind Of Noosa

気が付いたらヌコ6ニャン・・・ダメダメ執事の牛歩的BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

第二百四十三話     ぽけっと

小さなポケットには



銀色の懐中時計



チクタク ちくたく 時を刻むよ





屋根の鶏が鳴きだしても



僕の月は沈まない

 

だから



いつまでも黒猫と戯れていられる





ジリリリリリ!始業のベル



僕の太陽は沈んで行く



早く



黒猫と戯れなきゃ!





さあ!マチネへ行こう!!










胸ポケットに



一本の懐中電灯



何でも照らす事ができるよ 





細い光だから



足元を照らすだけで精一杯



そう・・・明日は照らせない




けど



この漆黒の中では



何よりも明るく白い





さあ闇の中の黒猫を探そう!





君は僕を見つけられるかな?



スポンサーサイト
別窓 | 作文 | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Wind Of Noosa |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。