Wind Of Noosa

気が付いたらヌコ6ニャン・・・ダメダメ執事の牛歩的BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

第八十五話     萌え要素

『萌え要素』
萌え要素(もえようそ)とは、キャラクター・作品などの萌えの対象を構成する、より小さな単位。

東浩紀の著作『動物化するポストモダン オタクから見た日本社会』(2001年)などに用例が見られる。

「萌え属性」の類義語であるが、萌え属性がキャラクターや作品に属する特徴・特性やその有無・強弱を語る文脈に用いられるのに対し、萌え要素は、キャラクターや作品が要素・記号の組み合わせにより構成され、意味づけられていることを語る文脈に、主として用いられる。

以上、Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%90%8C%E3%81%88%E8%A6%81%E7%B4%A0 より抜粋。


メジャーな所では猫の手、猫尻尾、猫耳などが挙げられます。

そしてその中の猫耳にしても 
ピンッ!!と立った耳や垂れ耳などに分類されるのです。




垂れ耳・・・(;゚∀゚)=3ハァハァ

猫の場合、生後間もない時は殆どの猫が垂れ耳らしく
身体の成長と共に耳が立ってくるのであります。

まれに成猫になっても
スコティッシュフォールド(以下スコと省略・・)の様に
垂れ耳のままの猫も存在します。
しかしスコの場合も全てが総て垂れ耳と言う訳でもなく
殆どが成猫になるまでに立ち耳になるらしいです。


・・・とまぁ猫の垂れ耳は希少価値なのです。


実際、垂れ耳の猫を目の前にして戴ければ
その威力を確認して頂けるのでワ・・・と思います。



・・・なので
垂れ耳の威力を皆様に確認して頂きたく
一肌、脱いで貰いました!!!





第八十五話     萌え要素…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | NOOSA | コメント:15 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Wind Of Noosa |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。